「この男、猛獣につき要注意」六つの魅力真剣に紹介します。

 

「この男、猛獣につき要注意」を読んでみた感想は・・・

面白いです!

少女漫画のような可愛らしい絵柄と、息苦しさのある職場の人間関係という組み合わせがいいですね。(*^_^*)

大人っぽいドラマなのに、いい意味でどこか幼さを感じさせる雰囲気があって

ギスギスした内容でも読んでて深刻に嫌な気分にならずに済みます。

 

「この男、猛獣につき要注意」の魅力、その1

絵柄のかわいらしさはやはり強みですね。

主人公が28歳にしては童顔すぎる、という感もないではないですが

内面はしっかり大人の女性として描かれてるので、単純に可愛らしい大人のオンナ、というキャラクターとして仕上がってます。

 

「この男、猛獣につき要注意」の魅力、その2

カレシ役の基樹もまた以外に可愛らしい一面を持つ男性として描かれてます。

スポーツマンと言っても暑苦しさのようなものはなく、真っ直ぐで爽やかな努力家としての面が強調されてます。

理緒に気に入られようと頑張ったり、叱られてしょげたりするところも、

どこか大型犬じみた愛嬌がありますね。(笑)

 

「この男、猛獣につき要注意」の魅力、その3

基樹が単なるノリで付き合ってと言っているのではなく、自分を社会人として目覚めさせてくれたことによって好意を抱いたという

同じ会社に勤めるものらしいきちんとした理由があって迫っていく、基樹の誠実な気持ちが魅力です。

 

「この男、猛獣につき要注意」の魅力、その4

後輩君の積極的すぎるアプローチにメロメロです。(笑)

キスだけと言われながらも「洋服脱いで」「スカートも脱いで」と言葉巧みに誘導していく姿や

企業を引き継いでいかなくてはならない大変な時期にも

きちんとセックスで満足させる男らしさに注目したいものです。

 

「この男、猛獣につき要注意」の魅力、その5

「この男、猛獣につき要注意」の一つ目の魅力はヒロインである祝井理緒の流されやすさです。

例えば衝撃的な初エッチのシーンです。

苦手としていた野口基樹に告白されて断ったにも関わらず、ひどい男になると言われ強引にキスをされ体を愛撫されてしまいます。

そしてアソコもクニクニと愛撫されてしまいますが、理緒は抵抗せずに

「野口くんのアソコを触る指が気持ちよくて体が動かない!」という状況になってしまいます。

 

「この男、猛獣につき要注意」の魅力、その6

ヒーローである野口基樹の存在がやはり一番の魅力ですね。

基樹は理緒に強引にエッチな事をしますが、

「俺は体だけのつもりはないです。そのうち心も貰います」

と宣言するように本気で理緒を愛しているのが素晴らしいです。

そして、今まで祝井理緒を名字で呼んでいたのに、ある時突然に不意打ちで

「理緒!」

と呼ぶというような読者をもドキッとさせてくれるような事もしてくれます。

 

無料試し読みを読んでみる(真剣に)

お得に電子コミックで読むには?
わたしが、5年間使用し続けているまんが王国がオススメです。

1,月の会員費用を取られない!
2,じっくり試し読みがある
3,スマホ、PCでも読める
4,漫画ランキング100から見つける
5,請求書から読んだ漫画がバレない!

まんが王国https://comic.k-manga.jp/

※「猛獣につき」で検索すると、無料試し読みができます。

関連記事

関連記事がありません。